ブライダルローン!低金利で挙式・婚礼などの結婚式費用に使えます

ブライダルローンなら三井住友銀行カードローンで!

ブライダルローン

結婚が決まり、まず意識するのは結婚費用のことではないでしょうか?
「結婚って、どれ位お金が必要なの?」、「お金が足りない。どうすればいいの…?」と不安になったりしますよね。
今回は「結婚費用はどれくらいかかるものなのか?」、また「お金が足りない時どんな手段があるのか?」をまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

結婚に必要なことって?費用はどれくらいかかるもの?

では、結婚するにあたって必要な物はなんでしょうか?以下にまとめてみました。
①婚約指輪・結婚指輪
最近、婚約指輪より結婚指輪を重視する人が増えています。でもまだ、全体で70%もの男性が婚約指輪を用意しているようです。婚約指輪の準備金は平均30~35万円、結婚指輪の準備金は夫婦二人分で20万円程度です。

②結婚式
全国的にご祝儀制の結婚式が多い傾向にあります。しかし、地方では会費制で行うケースも増えています。結婚式費用ですが、ご祝儀制の場合は約350万円、会費制の場合は約250万円です。

③新婚旅行
子どもができるとゆっくり旅行ができないからと新婚旅行を重視する傾向があります。旅行費用は約50~100万円です。

④新居・家財費用
新居の家賃はだいたい5~10万円程度。敷金・礼金・前払家賃が必要な場合もあります。また、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電も必要となります。

結婚生活を始めるまでに結構お金がかかりますよね。
結婚後は生活もしていきますし、妊娠・出産など、お金が必要となるシーンもできますので、ある程度の蓄えは残しておきたいもの。
二人の貯金で賄うことができればいいのですが、難しい現状がありますよね。実はこんな時、結婚資金調達が可能になる「ブライダルローン」という手段があることをご存知でしょうか?

結婚資金の不足をカバー!ブライダルローン

結婚には費用がかかります。実は結婚資金が足りない時に、力を貸してくれるのがブライダルローンなのです。

①ブライダルローンの使用用途
結婚式や新婚旅行費用、新居・家財購入費など、結婚に関わる費用であれば該当します。各会社によって、使用用途に違いが見られるためローンに該当するかどうか事前に相談が必要です。

②ブライダルローンの提供会社
ブライダルローンには、大まかにクレジット系の信販会社が提供するローンと銀行などの金融機関が提供するローンがあります。

③金利を考えるなら金融機関が有利
最近では、結婚式の準備と資金調達を同時に行うことができるため、信販会社と提携する結婚式場も増えています。比較的利用しやすいですが、金利はやや高めです。
安い金利で借りたいのであれば金融機関が提供するローンが有利です。結婚資金のように目的がある場合は、目的型ローンとみなされます。目的型ローンは、目的のない多用途フリーローンより金利が低めに設定されているのです。固定金利ですので金利に左右されず支払うことが可能となります。

いかがでしょうか?
せっかく結婚が決まったのに、資金不足であきらめざるを得ないこともあったのではないでしょうか?
でも、ブライダルローンが利用できれば、資金的に余裕が生まれますし、後悔することのない、あきらめない選択もできるかもしれませんね。

Page Top